豚組食堂(六本木ヒルズ)とんかつの違いが分かる店

スポンサーリンク

六本木で地方の銘柄豚とんかつを楽しめる豚組食堂

六本木ヒルズ ノースタワーにある豚組食堂。六本木にいながらにして、様々な地方から選び抜かれた銘柄豚をとんかつで味わえるお店です。

 

「あそこのとんかつ屋は美味しい」「あそこは美味しくない」と、一般的にとんかつ屋は店単位で評価していることが多くないでしょうか? それは多くの場合、とんかつの材料となる豚肉は特定のものを使い続けているからです。
しかし豚肉食堂では、特選銘柄として日本各地から選んできた美味しい豚肉で、日によって違うとんかつを楽しむことができるのです。

 

「とんかつって銘柄によってこんなにも味が違うのか」と、とんかつの新たな楽しみ方を教えてくれることでしょう。

 

豚組食堂 特選銘柄の印は旗

その日の銘柄は、店の前にもメニューにも紹介されています。 

 

特選銘柄のとんかつの印はこちらの旗

お子様ランチ以来の旗です。豚組食堂ファンの中にはこの旗を集めてる人がいるという話も聞いたことがあります。

脂がサラッと軽いとんかつから、味が濃厚で噛みしめるたびに旨味が流れ出てくるとんかつなど、豚肉って銘柄によって本当に味が違うのです。

 

アンデスの岩塩で食べてみて

「とんかつは塩で食べたい」常日頃思っています。まずはとにかく塩。塩だけで食べることで豚肉本来の美味しさがわかります。

豚組食堂には各席にアンデスの岩塩が置かれていますので、味わってみてください。

美味しいとんかつの食べ方も各テーブルにおかれているので、とんかつ待ちの間にチェックしておきましょう。

 

豚組食堂 メニュー

豚組食堂ランチメニュー

豚組食堂のランチはスタンダード豚で1,000円から、特選銘柄で1,900円から。

ランチ1,000円という値段だけだと、さほど安くないと思われるかもしれませんが、あの肉の質で1,000円は安いと、一度食べてみれば分かるはず。

ちなみにランチメニューのラストオーダーは16:30。11時のオープンから休憩なしで、いつ行っても美味しいとんかつが食べられるのが嬉しい。

豚組食堂ディナーメニュー

基本的なメニュー構成は同じです。

 

とんかつメニューの他にコロッケやメンチカツもあったりします。

スタンダードとんかつ、プレミアム銘柄とんかつに加え、ときにはさらに上のとんかつがメニューに登場することも。

豚の生い立ちから味の特徴まで紹介されています。これを読んで味を想像するのも一つの楽しみ。

 

友達と一緒に行けばとんかつの食べ比べもできますよ。かつパですね。

 

豚組食堂での夢

前述のメニューをご覧いただくと分かりますが、豚組食堂ではロース110g・165g・220g。フィレ110g ・165gというメニューになっています。

ロース110g + フィレ110g の合盛りメニューはダメでしょうか…。どちらも一度に食べたいのです…。

 

やっぱり豚が好き豚組食堂(六本木)には系列で西麻布 豚組という店もありますよ。そちらはまた別記事で。

 

 

豚組食堂 六本木 営業時間・定休日など

住所:東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワーB1
アクセス:地下鉄日比谷線 六本木駅 1c出口 徒歩1分/都営大江戸線 六本木駅 徒歩3分

電話:03-3408-6751
営業時間:11:00~23:00 (L.O.22:30)
定休日:無し
HP:http://www.butagumi.com/shokudo/

(*)情報は掲載時または食べた日のものとなります

「とんかつ食べ歩き 」カテゴリの関連記事