「壌 大手町」豚丼・豚汁 豚まみれな立ち飲みバーのランチ

スポンサーリンク

今年の2月、大手町パークビルディング地下1階にできた飲食エリア「よいまち」。その中で豚欲を満たしてくれるのが、立ち飲みBAR 壌 大手町。BARですが豚メニューがすごいんです。

 

立ち飲みバーの豚を侮るなかれ「壌 大手町」

 壌 大手町はれっきとした立ち飲みバーです。お値段は一杯300円・500円・800円とリーズナブルだし分かりやすい。

お料理も同じ価格帯で本格的。とくに豚メニューをおすすめしたいのは、壌 大手町は、とんかつの「西麻布 豚組」「豚組食堂」や、豚しゃぶの「豚組しゃぶ庵」と同じ会社が運営しているので、豚メニューは得意中の得意なのです。

花咲く豚丼 壌 大手町 ランチ限定メニュー

炙り豚丼(900円)

壌 大手町のランチ限定メニュー炙り豚丼は、豚汁(小)と漬物がついて900円


 

豚汁(小)と言っても豚肉もしっかり入っています。
 

 

豚丼には「これでもか!」と言うほど山盛りの豚。甘辛い味のタレはこの豚丼のために研究しつくされたもの。

 
 

壌 大手町の豚丼の豚は脂の割合いも程よく、肉がとにかく柔らかい。簡単に噛み切ることができるので、口の中で肉汁が溢れ出す快感をお楽しみください。


 

豚丼にはプラス100円で半熟卵をつけることができます。

 

豚丼は女性も食べやすいスプーンつき

壌 大手町の豚丼には大きなスプーンがついています。

だから女性でも丼を抱えて口にご飯をかきこむようなことをせず、米粒を残さずスマートに綺麗に食べられますよ。

 

角煮サイズの豚が入った豚汁定食も壌 大手町ランチの人気

とん汁定食 (750円)

丼サイズのお椀に入った豚汁と小鉢3つがついてこのお値段!

壌 大手町の豚汁は豚汁の常識を覆す、角煮サイズの豚がゴロンと入っています。豚好きにはたまらん豚汁!

ご飯はあの奇跡の御釜、バーミキュラで炊き上げたもの。これがまた美味しい!

ご飯のサイズは3つから選べますので、ご飯少なめ希望の方もいいですね。


 

壌大手町で豚好き究極のランチはこれだ

豚丼ランチの豚汁を大にアップグレード(1000円)

炙り豚丼900円の豚汁(小)にプラス100円するだけで、なんととん汁定食と同じ角煮サイズの豚が入った豚汁にアップグレードできるのです!

もう豚まみれ。至福の豚ランチです。

  写真はさらに追加100円で半熟卵までつけたので、フルセットです。

 

壌 大手町 ランチメニュー

壌大手町のランチはその他におばんじい定食などもあり、飽きませんよ。

バータイムにも豚メニューが豊富です。また改めてご紹介します。

壌 大手町 営業時間・定休日など

 住所:東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング地下1階

アクセス:地下鉄大手町駅「C6a」出口の目の前。東京駅からも地下がつながっているので雨でも濡れずに行けます。
営業時間:ランチタイム11時から14:30ラストオーダー /バータイム17:00から24:00(LO23:30)

定休日:土日祝日

(*)情報は掲載時または食べた日のものとなります

「美味しい豚がある店 」カテゴリの関連記事