極上ブランド豚の食べ比べ【とんかつ本かつ喜】大阪

スポンサーリンク

阪急うめだ本店にある本格的とんかつ【本かつ喜】

きらくという会社が展開しているとんかつ店で、極みとんかつかつ喜、TONKATSU KITCHENかつ喜、店舗数が多いとんかつかつ喜など様々なとんかつ店がある中の、本かつ喜です。 

大阪駅、梅田駅前、阪急うめだ本店の12階にあります。

 

9種の極上ブランド豚を取り扱う本かつ喜

本かつ喜は9種類の極上ブランド豚を取り扱っていて、その中から日替わりで4種類がとんかつとなって提供されているそうです。
 
この日は岩手県の白金豚のロース、鹿児島県の純粋黒豚ロース、沖縄県の北斗島豚ロースとフィレの4種類でした。

 

本かつ喜 メニュー

この日の本かつ喜、メニューの一部です。前菜や単品料理などメニューはいろいろあり食べログのこちらのページにも掲載されていますので参考にしてください。
 
本かつ喜メニューの嬉しいところは、とんかつの量が明記されていること。これって何気に重要だと思うのですよ。「ブランド豚が安い!」と思っても少量だったりする店もありますので。

その点本かつ喜は単品のとんかつは130g!80g程度の店もあるので、130gといえば十分ですね。
 
ブランド豚3種食べ比べセットは180gです。

 

本かつ喜 極上ブランド豚の食べ比べセット 実食

出されるお茶は黒ウーロン茶!もちろんお代わりできます。とんかつ屋さんで黒ウーロン茶を無料で提供してくれるのは本当にありがたい。

大阪駅梅田駅前のとんかつ本かつ喜
 
テーブルに用意されている調味料は、左からとんかつソース、ドレッシング、右奥は漬物。手前に辛子です。

大阪梅田とんかつかつ喜

 

本かつ喜 メンチカツ

純粋黒豚の角煮や、豚のスモークタンなど気になる単品メニューがある中、やはり外せなかったのが銘柄豚のメンチカツ(700円)。

とんかつも好きですがメンチカツも好き。

本かつ喜のメンチカツ、そこそこ大きなものでした。

粗挽きっぽいひき肉ですがよく捏ねられているメンチカツ。香辛料は程よく肉の味をしっかり感じられるメンチカツでした。 大阪とんかつ食べ歩き本かつ喜のメンチカツ

 

本かつ喜 3種の銘柄豚食べ比べセット

鹿児島県純粋黒豚ロース、岩手県白金豚ロース、沖縄県北斗島豚ロース

 

とんかつと共に出てきたのは、岩塩とトリュフ塩、そしてライム。やはりとんかつは塩ですよ、塩!出し方もオシャレです。
塩で食べられる本かつ喜のとんかつ大阪

鹿児島県純粋黒豚ロースとんかつ

鹿児島と言えば黒豚、黒豚といえば鹿児島と言ってもいいほど。純粋黒豚ですからバークシャー種の純血ですね。

食べ比べの3つの中でもこの純粋黒豚が一番味が濃かったように感じました。大阪とんかつ 鹿児島県純粋黒豚

沖縄県北斗島豚 ロースとんかつ

北斗島豚という名前を初めて聞いたのですが、(有)沖縄北斗の沖縄あぐーでしょうかね。

今回食べた3種の中で一番肉質がギュッとしていて弾力があったのがこちらの豚でした。

とんかつ食べ比べ本かつ喜 沖縄北斗島豚

岩手県白金豚ロース

私の中では一番馴染みがあるブランドかもしれません。岩手県花巻市の白金豚(プラチナポーク。西麻布豚組 や、豚組食堂で、度々食べてますし、家に白金豚の角煮缶詰もあります。

この日の中で一番脂を楽しめたのは白金豚でした。脂、美味しい。

とんかつ食べ比べ 白金豚

3種の極上ブランド豚が3切れずつありましたので、食べるのは一切れずつぐるぐる3周しました。

味の違いがはっきり分かる極上ブランド豚の食べ比べ、どれもこれも美味しかったです!

これだけの極上ブランド豚を3種、180gで2500円というのは全然高くなく、むしろお手頃なのではないかと思います。

ちなみにご飯と赤だし味噌汁は別料金で500円。ご飯はお櫃に入ってでてきます。どちらもお代わりOK。

とんかつ 本かつ喜 阪急うめだ本店

住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 12F
電話:06-6313-1478
営業時間:月~木・日11:00~22:00/金・土・祝前11:00~23:00
定休日:不定休阪急うめだ本店に準ずる

本かつ喜食べログ

(*)情報は掲載時または食べた日のものとなります

「とんかつ食べ歩き 」カテゴリの関連記事